1.  > 
  2. ふるさとテレビとは

ふるさとテレビとは

就任のご挨拶

 客年末に日出英輔前理事長の後任として理事長に就任致しました。就きましては、略儀乍ら茲に所信の一端を述べ、就任のご挨拶とさせて頂きます。

扨、嘗ての農林水産行政に長く関わり、且つ又、其の最高責任者の一人として、現職時に果たし得なかった責めの一つとして、此の度此の責務を負う事とさせて頂きました。

 折しも日本の農林漁業はTPP 問題に直面動揺致して居ります。TPP を切っ掛けに、正に産業としての将来を只今問われて居る訳です。

 我が国は長く海洋国家の一面を持ち、旧くは大陸等との関係の中で繁栄して参りました。其の後は尚一層海外交易に依る通商国家として其の存在を大きくして来ました。言わば幾度かの大きな開国の歴史の度に選り多くの富や文化を海外、異国から得て来た国で在った次第です。従って此の度のTPP 問題も歴史に学ぶならば必ず我が国にとっては大きな好機と成り得るものと確信致します。

 然りとて喫緊の現実的第1次産業対策も必要です。お陰様で我が国は豊かで変化に富んだ自然に恵まれ、且つ又、長い歴史に育まれた歴史遺産にも恵まれて居ります。此の自然が生み出す折々所々の産品の販売、自然や歴史遺産の観光に依る経済の活性化は、情報や物流のインフラ充実に依り、今日は極めて容易な状況と成って居ります。

 何時でも何処でも日本中の情報が映像画像で見られると言う、当ふるさとテレビ事業は、正に今日の情報化社会の申し子として、直近並びに中長期に亘っても、地域経済の活性化に大いに其の機能が発揮、貢献出来るものと確信する次第です。

 然様にして日本の各地域に多くの人々が住み、其処が元気に成れば、自ずと日本は全体として活力漲る輝しい国家として再生するものと存じます。

 斯様にして天命を感じつつ当職分を果たし度、覚悟の次第でご座居ますれば何卒向後共格段倍旧の御指導の程宜しく御願い申し上げます。

平成24 年正月

理事

はじめに

あなたの自慢の”ふるさと”をインターネットで紹介してみませんか?
“ふるさとの風””ふるさとの味”を全国の皆さんにお届けしませんか?
NPOふるさとテレビでは、あなたのふるさとをインターネットを使って写真・動画で お伝えします。

「ふるさとテレビ」ご利用のご案内

1.ふるさとテレビの運営
ふるさとテレビは特定非営利活動法人(NPO)により公益を目的に運営されるもので、写真やビデオの投稿テレビです。
我が町、我がふるさとを相互に紹介し合うインターネットによるテレビです。

2.ふるさとテレビの目的
都市の人達にふるさとを知って頂き、人や物の往き来による、経済を主とした
ふるさとの活性化、日本の活性化を計ります。

3.ふるさとテレビは無料です
お送り頂いた写真やビデオなどをふるさとテレビは無料で掲載致します。
ふるさとテレビをご覧になるのも無料です。

4.ふるさと情報の内容
風土記・歳時記・風物詩を通じて下記の様な「ふるさと」をご紹介します。
大いにお国自慢などをどうぞ。
「ふるさと」を知って頂くための種々な写真、映像(ビデオ)をお送り下さい。
古寺名刹(お寺・神社)節句・祭・風習(お正月・雛祭・節分・七夕・盆踊り) 風物(お花見・花火・特産物・郷土料理)自然(山・野・川・花・緑・紅葉)

5.コンテスト
俳句と写真のお国自慢ふるさとコンクールを年に一度開催しています。その他、日本中の同じ趣味の方々に参加して頂く様々なコンテストも開催して参ります。
写真・俳句・盆栽・絵画・木工、陶芸などの工芸品などご自慢の逸品をご紹介下さい。

6.地場産品をご紹介下さい
写真やビデオなどで、ご自分やお知り合いの方の生産品の情報をご提供頂きますと、このふるさとテレビで掲載ご紹介いたします。通信販売が出来る方はその方法を併せて掲載して頂きますと販売チャンスが増えます。

7.リンク掲載いたします
ご自身のホームページやブログ等のリンクによる掲載が最も簡便です。
その際はURLをご連絡頂きますとリンクいたします。殊にネット通販が可能な方は地場産品の販売拡大などにリンクでご活用下さい。

8.写真やビデオをお送り頂く方法
イ.写真はデジタルのもので、イーメールに添付してお送り下さい。
ロ.映像(ビデオ)はURLでリンク掲載をさせて頂くのが最も簡便です。直接御送り頂く場合は事前に御相談下さい。
ハ.画像・映像にはキャッチフレーズ、ナレーション等の説明を付けて下さい。

9.ご連絡先
NPOふるさとテレビ事務局
電話03-3593-5255 Fax03-3593-5256
e-mail:furusatotv@furusatotv.jp
URL http://www.furusatotv.jp

ふるさとテレビの目的と機能

1.目的
①人や物の流れを促進し主として経済効果に依る地域の活性化
②夫れに依る結果として日本全体の活性化
③国は辺境に興亡する歴史に学習

2.方法
①ネットテレビで地域情報の常時リアルタイムの発信
②インターネットに依り過去の情報のストックに依る常時閲覧可能化
③即ち「見れば、知れば」行きたくなると言う観光効果、食べたくなる、欲しくなると言う物産販売効果などの経済循環の開始並びに促進

3.具体性
①特産物の紹介に依る通信販売等流通促進
②旅行意欲の促進
③それに依る長短期或いは二地域或いは多地域への長短居住促進

4.副次効果
(1)国土保全
①耕作地の維持管理と荒廃化の防止
②遊休農地の無料有料等の利用解放情報の提供
③それに依り高齢者の遊農楽農従事者の創出促進
④耕作が最大の維持管理と荒廃防止

(2)保健効果
①勤労に依り健康促進病気予防化
②作物即ち植物の生長や、其の命との触れ合いに依る生命力、活力の増進
③結果として健康保険等医療費の軽減化等保険財政の健全化
④元気で生きる、尚且つ長生きと言う理想の実現

(3)年金財政の健全化
①ネットに依る通信販売に依り些かなりとも所得が増加
②収入化に依る就労意欲の促進
③年金支給の軽減化即ち年金負担の軽減化

(4)食料効果
①食糧増産効果に依る食料自給率の向上
②余剰労働力に依る低賃金、零賃金による食料価格の低減化